公園情報

神戸市立須磨離宮公園

神戸市立須磨離宮公園 は花と緑があふれる西洋式庭園が広がる人気のレジャースポット。春や秋には「王侯貴族のバラ園」を中心に約180種4,000株のバラが開花。まるで宮殿のような美しい噴水と共に、華やかな色彩と甘い香りが楽しめます。
本園と植物園の2つのゾーンに分かれていて、フィールドアスレチック「子供の森冒険コース」では、自然を感じながら全身を使って冒険にチャレンジ!連続したアスレチック28基は難易度も様々。疲れたら「おべんとう広場」やダイニング&カフェ「ガーデンパタジェ」で一休み。スピード注意の「ジャンボすべり台」や小さなお子様向けの遊具コーナーも充実。梅・ぼたん・花しょうぶ・あじさい・紅葉など四季折々の自然も魅力的です。
山陽電車「月見山」駅からバラのマークに沿って徒歩約10分。須磨駅・妙法寺駅から神戸市バス75系統「離宮公園前」バス停下車すぐ。広々とした駐車場(有料)も完備。
須磨離宮公園を写真・動画でもっと詳しく↓

開園時間は9:00〜17:00(入園は16:30まで)。木曜日が休園日なのでご注意を。
正門とおべんとう広場にコインロッカーがあり、入らない荷物は有料で正門と駐車場の料金所で預かり可能。
園内はかなり広々。パンフレットを手に巡ります。
神戸市立須磨離宮公園
花・緑・海・空のとっても綺麗な眺め!
欧風噴水庭園が広がる「王侯貴族のバラ園」は春と秋には約180種・4,000株のバラが開花し、宮殿のような噴水も楽しめます。
緑あふれる森に囲まれた「王侯貴族のバラ園」。
見頃の時期になると見渡す限りの美しいバラが咲いて、カラフルな色彩とフワッと広がる甘い香りが楽しめます。
自然を感じながら全身を使ってチャレンジできる、フィールドアスレチック「子供の森冒険コース」が大人気!
海洋冒険物語(スティーブンソン作)「宝島」が題材の、連続したアスレチック28基は難易度も様々。小学生以上が対象で運動靴の着用を。
自然を味わいながら冒険を楽しもう!
疲れたら隣の森に囲まれた「おべんとう広場」で一休み。ベンチがたくさんあり、屋根のあるスペースやテーブルがあるのも嬉しい。
須磨離宮公園レストハウス内のダイニング&カフェ「ガーデンパタジェ」では、モーニング・ランチ・カフェを展開。
噴水や「王侯貴族のバラ園」を眺めながらホッと一息。
須磨離宮公園で採れた純粋はちみつ 「RIKYU HONEY」も販売。はちみつを活かしたスイーツなどのメニューも人気。
和の風情につつまれた「花しょうぶ園」では約60種4,000株が色とりどりに咲き誇り、見頃の6月上旬〜中旬には「花しょうぶ観賞会」が開催されます。
かつて皇室の別荘「武庫離宮」だった頃の遺構があちこちに。
王侯貴族のバラ園がある本園と観賞温室などがある植物園を繋ぐトンネルも、その一つとされています。
須磨離宮公園の名物といっても過言ではない「ジャンボすべり台」が子どもたちに大人気!かなりスピードが出るので、スピード調節にご注意ください。
植物園にある広場は小さなお子様でものびのび遊べます。
ちょっとした遊具が整備され輪投げも楽しめます。
青もみじが美しい「三段滝」も癒しの空間。
芝生と松が調和した「和庭園」も風情があります。
植物園の前所有者の岡崎財閥から引き継いだ「和室」周辺では、秋の美しい紅葉が楽しめます。
秋の紅葉シーズンは「もみじ道」に紅葉のトンネルが!
2月になると「梅園」に約25種160本の紅梅・白梅が咲き、菜の花との美しいコントラストが楽しめます。2月上旬から3月上旬の見頃には「梅見会」を開催。
ぼたん園」近くの「みどり滝」も風情があります。
緑あふれる須磨離宮公園には野鳥たちの姿も。
園内のあちこちに解説板があり、100年以上も続く歴史を感じながら散策できます。
駐車場(有料)は約290台を完備。山陽電車「月見山」駅から徒歩10分。須磨駅・妙法寺駅から神戸市バス75系統「離宮公園前」バス停下車すぐ。
地域密着型の商業施設「TerrasMa(テラスマ)」が、須磨離宮公園P1駐車場から北へ徒歩約5分の場所にあって便利です。

公式HP
公式X
公式Instagram
神戸市須磨区の公園
※おでかけ前に必ず公式HP・SNSで最新情報をご確認ください